【時事解説】稲盛哲学に見るデフレマインド その1 ~法人税申告決算は大阪の福永会計事務所~

大阪の税理士事務所 福永会計事務所

介護事業に特化!法人税申告・決算をサポート!福永会計事務所

記帳代行980円から! 大阪経理・記帳代行センター

大阪介護事業サポートセンター 介護事業所の設立から介護経営サポートまで!


 

 

【時事解説】稲盛哲学に見るデフレマインド その1記事提供者:(株)税務研究会 税研情報センター

総理も日銀総裁も「デフレマインドの払拭」を声高に訴えます。ことほどさように、

近年はデフレマインドが諸悪の根源のように言われますが、

私はビジネスにおいては、デフレマインドは必須の思考方法だと思っています。



デフレマインドとは言っても、教科書的な定義があるわけではありません。

デフレマインドを明確にするために、その逆のインフレマインドから見ていきましょう。

インフレマインドにも定まった定義があるわけではありませんが、

大よそ以下のように集約されると思います。

「インフレでは貨幣価値に比べてモノの価値が上昇するから、

インフレマインドとは貨幣をいたずらに貯蓄することなく、

できるだけ早めにモノを購入するのが有利」と考える志向です。デフレマインドはこの反対ですから、

「モノの価値は先に行くほど下がるのだから、

モノの購入はできるだけ遅い方がいい」という考え方になります。




前段の貨幣とモノの価値の関係を除き、モノを買うという行動様式だけに焦点を当てると、

インフレマインドは「早めにモノを購入すること」であり、

デフレマインドとは「できるだけ遅くモノを購入すること」ということになります。

カネを保有しているだけでは経済成長に貢献しませんから、

インフレマインドの方が経済成長に貢献することは明らかであり、

政策当局は「デフレマインドからの脱却」を切望するわけです。(つづく)



(記事提供者:(株)税務研究会 税研情報センター)




大阪の税理士事務所 福永会計事務所

介護事業に特化!法人税申告・決算をサポート!福永会計事務所

記帳代行980円から! 大阪経理・記帳代行センター

大阪介護事業サポートセンター 介護事業所の設立から介護経営サポートまで!

補助金・融資にも完全対応!各種許可申請対応!

提携:福永会計事務所

会社設立専門チーム・会社設立の手数料1,000円のみ! 顧問契約は不要!
運営:

———————

福 永 会 計 事 務 所

———————

「大阪 法人税申告」で検索!

中小企業庁認定 経営革新等支援機関

電話:06-6390-2031

 

いいね!
フォロー

このエントリーをはてなブックマークに追加

友だち追加